コンビニ傘の進化は目を見張るものがありますよ

梅雨の時期には雨傘は必需品です。
最近のコンビニ傘は、意外にも丈夫担ってデザインもいいんですね。

もちろん、ビニール傘は、安いだけかもしれませんが。

コンビニでは、有名なデザイナーを使っての商品化をやっていて、
以前からのイメージとは違いますね。

ちなみに、セブンの傘は、あの佐藤可士和氏プロデュースによるものです。

コンビニ傘だからといって決してバカには出来ないんですね。

今、コンビニは生活必需品のライフステーションになっているのもうなずけるところです。

日記

都議のリオ五輪の視察が中止にはなんか、変ですね

東京都議のリオ五輪の視察が中止になった。
これは、舛添前都知事の政治資金にまつわる不正疑惑からの一連でのことで、
批判されたから、辞めるということなんですね。

まぁ、この時期にやるのは参議院選挙に与える影響が大きいと感じたからですね。

でも、よくよく考えれば、毎年こうした視察旅行というのは、行っているわけで、
今回中止するのは、なんか変ですね。

視察というものが、そんなに必要ならば、批判されることなど関係なく
堂々といくべきでしょう。

都議にかかわらず、全国の地方議会ではこうしたことが
多いようであるとも言われています。

結局は、住民が賢くなる意外に方法はないんですが。

民主主義は、とかく壊れやすいもの。

一人ひとりの自覚の部分に多くがかかっているからです。

日記

軽自動車買うには、下取りの時の考えるとゾッとするけど

車の燃費不正データ事件では、自社の車の性能が良いデータ取りに終始一貫して精魂傾けていたとはね・・・。

およそ、車に乗っている人は、あの燃費性能の表示のしかたですが、皆、信用していませんからね。

そもそも、あんな数字が、でるように乗るには、一人乗りで平坦な道を走行してのものでしょ。

そんなもの、日本の土の道を通っても変化するはずもない。

三菱、そしてスズキといった軽自動車などは、
今、中古車が売れないので、かなり厳しそうです。
確かに、今、三菱の軽自動車を買っても、3年後に中古市場ではどんだけハンディがある価格査定かは、およそ察しがつきますものね、だから、みんな、敬遠するんですね。

あったまりえですよね。
同じ軽自動車買うなら、ダイハツか、ホンダを買っておいたほうが、乗り換えの時安心して下取りにだせるでしょう。

そう考えると、今回の不正データ事件というのは、相当なマイナスイメージというか、ハンディを背負うことになりますね。

よっぽど価格が安くなるか、価格に見合った車になるかしか、みあたらないもんね。

これから車を買う人が、減っていく時にかなりなハンディではあるね。

 

 

 

日記